セバーン郷

大筋

それはオリリアの市に隣接して位置し、東に湖コチチンで囲まれているようセバーン郷は、一般的にオリリアオンタリオ州の湖の国として知られ、北へセバーン川、西にグルジア湾と南へバスレイク。このレクリエーションの設定は、サービスの広い範囲で、多くの年間の活動が可能になります。

こうしたコールドウォーター、Washago、港セヴァーン、セバーン滝やマーチモントとして農村と都市部の集落は、一年中快適さとリラクゼーションの雰囲気を提供しています。

住民が楽しむための両方の夏と冬のさまざまな活動は、スキーやバイクから釣りと様々なウォータースポーツに、あります。幻想的なコミュニティは、誰もが家に電話を誇りに思っていることだろう!

レクリエーション

セバーンの町は、ちょうど少数を示すために新鮮な空気の屋外スポーツ、コテージカントリーツアー、広葉樹スキーやバイク、ホースシューリゾート、KSシムコアイス小屋レンタル、セントルイスムーンストーン山スキーリゾートの息のように冬の間に数多くのアクティビティを提供しています。

夏の野外活動は、ビーチや公園、歩道、パドリング、ゴルフ、サイクリング、子供のキャンプ、農業&エコツーリズム、ウォータースポーツ、マリーナ、釣り、ボート&ボートツアーやボートの発売で楽しむことができます。

歴史、芸術、民俗フェスティバル、美術館やオペラハウスでの文化遺産がたくさんあります。地元料理を楽しむための様々なホテルやリゾートに滞在し、レストランなどがあります。ナイトライフは、セバーン郷でも非常に活気に満ちています。

歴史

Severn was first inhabited by Chief John Aisance and his band of Chippewas in the 1830s along Coldwater river building a grist mill that natives owned till 1849. Coldwater opened to the Europeans in 1836.

At the mouth of the Severn River, another community sprang up. The residents called it Severn Mills after a sawmill was built there around 1850. Lumber from this area was sent out on ships. The village was renamed to Port Severn in 1868. In 1875, the Georgian Bay Lumber Co. was formed, soon to become the major lumber producer in the Severn River watershed.

The settlement expanded rapidly over the next 20 years. In 1896, the mill was struck by lightning and burned to the ground greatly reducing the timber supply since was not rebuilt and the population declined. Severin was incorporated into a village in 1908. With the completion of the Trent–Severn Waterway in this area in 1915, economic activity shifted from lumber to tourism.

このページの情報は集まったかHomeaniaにHomeaniaまたは貢献者によって書かれました。 Homeaniaは、提供された情報の正確性を保証できません、と明示の同意なしに、この材料の再生が禁止されています

利用規約 | 個人情報保護方針 | 著作権 © 2019 Homeania Corporation. 全著作権所有